Lyon 2001 by C.yanagimoto

2001年11月4日


バジリカ聖堂から望むリヨンの新市街

曇っているように見えるのは,スモッグと思われる。

リヨンの街は二つの川に挟まれた中州から西側の旧市街と
東側に広がる新市街で構成されている。
TGVが乗り入れているPart-Dieu(パールデユー)駅は
新市街にあり,国鉄,地下鉄,トラム(LRT)の結節点となっている。

今回はLRTを撮影するつもりでいたのですが,あいにく到着の前日から
ストライキで運行されていませんでした。なかなか奇抜なスタイルの車両なので
一度見てみたかったのですが,トラムの軌道に枯れ葉が積もっていた・・・・。
ごらんになりたい方は,下記のアドレスにアクセスしてみてください。
http://www2.tcl.fr/

SNCF(国鉄) Lyon Part-Dieu駅

パリと地中海を結ぶTGVが乗り入れていて,昼夜を問わず混雑している。
アメリカのテロ事件の影響か,駅構内は自動小銃を持った兵士が警戒していた。

Tram Part-Dieu駅

国鉄駅のすぐ南側にあるトラムの停留所とバスターミナル。
左上の方に見えるのがトラムの軌道です。

メトロ
以前にフランスで地下鉄の写真を撮っていて(理由ははっきりしませんが)
こっぴどく怒られたことがあることや,治安に若干不安があったので
写真は撮っていませんが,メトロはオレンジ色のスマートな車体です。
パリのメトロでも使われている,ゴムタイヤ方式ですが,
パリのように鉄輪とのデュアルではないようで,
札幌の地下鉄と同じような台車を使っています。

車両は窓が非常に広く,ホームから50cmより上の部分はすべて見通せます。
前や後ろの車両の中もよく見えます。車両は新しいのですが,
窓ガラスのあちこちにイタズラ書きが刻み込まれていました。

チケット
地下鉄・トラム・バスの共通切符(日本円で80円くらい)


共通一日券


ゲルマン諸国と同じように,地下鉄には入出場の改札口はなく,
チケットキャンセラー(刻印機)で自分で刻印し,所持していればいい。
改札ラッチなどという野暮なものはない!!。


戻る