Freibourg 2002 by D.Takami

バス停の時刻表


敢えて例えれば、お店のショーウインドウやショーケースみたいなものだと思う。
どんな商品(バス路線)があって、値段(運賃)がどれだけするのか。
利用者とのいちばん最初の接点に、バス会社はだいぶ無頓着ではないだろうか?。



写真は、ドイツ・フライブルク市内のバス停である(2002年2月撮影)。





○左側:フライブルク都市圏域の運賃表。
(片道券、回数券、24時間券、定期券)
なお、市内電車、近郊鉄道、バスいずれも共通の運賃体系である。



○右側:上から
バス会社の連絡先(電話やウェブサイト)
路線番号 ここの停留所名 → 行先停留所名
路線上の停留所名(ここの停留所は赤で表記)
各停留所までの所要時分(●の下に数字で表記)
バス時刻(左から、平日・土曜・日祝日に区分)
注釈(変則的な運行をする便についての説明)

利用者が必要とする情報が、過不足なくわかりやすく示されている。
札幌のバス停は、どうだろうか・・・?。



戻る