全国自治体学会函館大会 ポスターセッションに参加

☆8月24日(金)に函館で開催された全国自治体学会函館大会で,
ポスターセッションに参加しました。
☆LRTさっぽろの提言内容をポスターにまとめたものを掲示したほか、
欧州のLRTを独自取材で撮影し編集したビデオ映像を放映し、
お土産としての特製ポストカードを用意するなど、10団体ほどあった
展示ブースの中でも、ひときわ目立つ存在でした。



会場配置のせいか,来訪者は開始前とランチタイムくらいしかなかったのですが,
多くの人が関心を持ってくれて(LRTさっぽろの提言書は16冊の売上げ!),
改めてLRTの人気ぶりを確認した一日でした。
私自身は,いろいろな質問を受けて,改めて,初めてLRTに接する人が
どういうところに関心がいくのか,ということを確認できた一日でもありました。



【多かった質問】


@LRTって何で動くの?(基本的な質問)

ALRTと今の電車との違い(市電との違い)

BLRTを導入したら,何が一番よくなるの?(メリットは何か)


@は基本的な質問で,そもそもLRTって知らない人もまだ多いということです。
Aとあわせて,LRTは,路面電車が高度に進化した電車と答え,低床なので
道路から簡単に乗り降りできること(車椅子もベビーカーも),
今の路面電車よりスピードは速いし,時間どおりに来てくれるから,運行頻度が多い,
揺れないし,静か,デザインがかっこいいなどなど。
BLRTは,環境にいいし,福祉の面から見てもユニバーサルデザインで○だし,
コストも地下鉄の10分の一でいいし,メリットはたくさんあるだけど・・・
やっぱり一番は,LRTが走ってる町は楽しい!ということつまり,
LRTに乗ってる時間も楽しいんだけど,乗ってなくても,街歩きが楽しくなって,
どんどん街に出たくなってくるということ。


・快適なLRTに乗って街へ出る
・あちこち快適に移動して買い物できる
・道路の反対側へも簡単に移動できる,
・LRTから降りてすぐカフェに入って,友達とのおしゃべりできる
・見てるだけでも,かっこいいLRTは絵になって,街の顔になる

結局,キーワードは「楽しさ」,LRTの魅力はそこにある,
ということを,下手な説明ながら,気持ちだけは熱くお答えしました。


その他,ストラスブールの写真はがきは綺麗なので話し掛けるときに役立ったし,
海外視察時の編集ビデオも,多くの方が関心を持ってくれました。
やっぱり動くLRTにはみなさん惹きつけられるようです。
ほんもの見るのが一番!なんだけど)



そのほか,パネルセッションに参加した,他自治体との方とのおしゃべりも楽しか
ったですし,少しのぞいた,分科会(自治基本条例と市民参加)もおもしろかったです。
やっぱり自分達のまちを真剣に考えている人達(市民,職員,首長,議員)は,
みなさん生き生きしていていいですね。もっといろんな分科会をのぞいてみたかったです。

あとは帰りにゆっくり飲んだ函館地ビールがおいしかったなぁ。
天気の良い,暑い一日の疲れをとってくれる,楽しいひとときでした。


湯浅真樹