都心ビジョンに対するLRTさっぽろの検討内容

@市民と行政に提案する

■LRTさっぽろのポジション

・市民と行政の調整役ではない

・政策やプランの「良い悪い」という対症療法ではなく、高い立場からの考えや主張を提案する
B政策実現を働きかける A市民の反応を背景に




■都心交通ビジョンに対するスタンス

・「都心交通ビジョン」に対しては一定の評価ができるから、ビジョンを大切に守り育てたい
…このように大胆な歩行者軸の打ち出しは、日本では見られない。
…日本の中で人にやさしい都心の先進地になることができる可能性あり、日本の「都心環境首都」に
…良い機会だから大切に育ててゆこう

・提案を続けることによって、より良い・実行力がある・合意可能な案にステップアップさせたい
…提案の視点は、ビジョンに欠けている部分を補うのではなく、より高次な視点からの提案
…民間の政策研究グループとしての特質を生かして、総合的・先進的な考えを打ち出して
…ビジョンをステップアップさせたい

・All or NothingではなくAll or Something
…「自動車反対」(自動車の都心乗り入れを規制)、「歩行者賛成」ではない
…札幌にとってかけがいのない空間は公共的に大切に使おう、そのために新しいルールを定めようということ
…都心と人、都心と自動車、人と自動車の良い関係づくりという視点



■駅前通を考える…チョッと考えてみた
○前提認識
・意義…札幌にとって大切な通り
・特質…平面で直線、平板で良く考えないとダメだ
・ステップ発想…建物はすぐには動かない
・イメージ重要…つまらない、見た眼だけではなく何ができるのか・するのかが大切

○ポイント
・歩く+移動+α α=活動イメージが大切


・構成3要素
Vector…
各セクションを貫く『統一性』 例えば緑・交通(LRTやバス)・デザイン…
Code… 各セクションごとの『独自性』 これをやろう&これはやめよう
Point… 各セクションを仲介する『拠点性』 垂直・水平の場面転換
・異なる視点の融和…市民と来街者の双方の視点
・バーチャルなミクストユース…建物を動かすのではなく人が動く

・表裏一体…駅前通は代表、その裏にも街はある、接点としての駅前通

・デュープロセス…公明正大に市民と世界の知恵を結集
○ステップアップ
・短期と長期の時間軸…長い期間かけて育てる
:短期=みったくなくしない 長期=こういう人に私はなりたい…的
・実験(テストプラント)でステップアップ
:効果の測定、意志の確認と共有
ex.バスを軸にした総合Promotion、景観実験セット


[ 戻る ]